Sasha Rule Beauty & Cozy|千葉市、蘇我駅周辺で美容室、美容院をお探しなら「サーシャルール」

Sasha Rule

tel

お問い合わせ・ご予約

title

フラダンサーの黒髪

ハワイの伝統芸能フラ、フラの踊り手は、ナチュラルカラーのウェーヴィヘアを腰あたりまでか、長ければそれ以上に
伸ばしています。
古くから「髪にマナが宿る」と信じられているため、切ってはいけないのだそうです。
マナとは、精神や気のような超自然的なもので、それまでに経験したこと、知識、学んだことのすべてであり、それは髪が長いほど強くなるといわれています。
もちろん、前髪もありません。

img 

5/6までヴィーナスフォートで開催されていたハワイアンフェア。
ヴィーナスフォートのあちこちで長い黒髪の日本人女性を見かけました。ひと目でフラをやっている方だなと、わかります。
古代ハワイアンは、マナが宿るその髪をフラの踊り手の美しさや女性らしさの象徴としていたわけですが、日本でフラをなさっている方がロングの黒髪なのもその精神に基づいていのことなのでしょうね。あのロングヘアを維持するのは並大抵のことではありません。フラへのハワイへの想いを感じてしまいます。本場ハワイでさえ、髪を見ればフラを習っているとわかるというほどです。

img コンテンポラリーなフラのダンサーも長い黒髪

日本でも「髪は女性の命」と古くからいわれていますね、美髪のために昆布やわかめがいいとか…(真偽のほどはまた改めて)
江戸時代に髷を結うようになるまでは、垂髪(すべらかし)も長いほど美しいといわれ、米のとぎ汁でツヤを出し、枕元の箱にとぐろ状に巻いて就寝するなどの手間をかけお手入れしたそうです。未亡人になることで、尼そぎという肩までの長さに切ることをしたというのですから、やはり、女性が髪を短くするということには大きな意味があったのですね。

「髪は女性の命」と「髪にマナが宿る」どこか似たものを感じてしまうのは私だけでしょうか。

古代から宗教的な行為でもあるフラ、もともとハワイ好きの私ですが、フラガールの長い黒髪から改めてフラに根付いているハワイアンスピリットの奥深さを想うと、清々しいような神聖な気持ちになります。

神の国日本に育った私たちは、自動的にそれを心地よく受け入れる準備があるのかも知れません。
ハワイ好きの日本人って、本当にたくさんいますものね。

近頃では、日本人女子の茶髪も一時代が過ぎ去りつつあり、黒髪寄りのダークカラーのオーダーが増えています。
日本女性ならではの黒髪が改めて見直されているということでしょうか

img ハワイの象徴?清々しい雨上がりの虹

Barbie  55周年のバービー

永遠のあこがれ、バービー
55周年バービー展では、約550体のバービーが展示されていました。
1959年にファッションドールとして登場したバービーは、常に時代を先行し、歴代のバービーたちは
その時代を映し出していることがわかります。

img 55th 等身大バービー

バービーのヘアスタイルとメイクアップはこんなふうに移り変わっています。
デビューから ‘63年頃、バービーのバング(前髪)はカーリーで、全体にかなりボリューミーなショート 
ヘアです。撮影禁止だったため画像がないのが残念ですが、注釈によると「サイドパート・バブルカッ
トという泡のようなカーリーヘアが登場」とあります。クシュクシュのカーリーヘアをふんわり盛り上 
げてまとめた動きのないショートヘアです。

‘62年、髪の長いバービーが登場。ですが、まだダウンスタイルではなく、ポニーテールに結んでい
ます。バングもカーリーのままです。50年代の名残りを感じさせるポニーテール。流行も今のように  
駆け足ではなかったようです

「アメリカンガールバービー」というタイトルの‘64’〜66年のバービー。こちらも根元はボリューム感 
たっぷりの大ぶりのボブスタイルですが、バブルカットと違うのは、髪素材がストレートになったこと。
5〜6年に流行った盛り髪の紀元といえますね。

逆毛をいっぱい立てて根元を大きく高く膨らませ、ハードスプレーが大活躍した時代です。「奥様は魔 
女」サマンサやそのお母さんのヘアスタイルはこの頃のものです。’66年までバービーはこのスタイル   
をしています。
極端なサイドパート、根元のボリューム、毛先カールのストレートボブ、これを今風にアレンジしたも
のが、よくいわれる小顔ヘアですね。


img 現代版 Barbie

そして’64年のもうひとつの大きな変化。 前髪です。
ずっとクシュクシュカーリーだったバングがストレートになり、斜め前髪が登場します。斜め前髪、まさに今のそれですよね。斜めバング+毛先だけカールを効かせたポニーテールは「スワールポニーテール」(巻き髪の意)とタイトルがあります。

バービーがストレートヘアになったのは、’67年のフルモデルチェンジ以降のこと。
‘60年代後半以降にもロングヘアは見られますが、’66〜’76年の「モッズ」と呼ばれるバービーは、ロンドン・カーナビーSt. 発祥のモッズルックをもとにストレートロングとなり、バングスタイルも様々になっていきます。

さらに、それまでブルーのアイシャドウ一辺倒だったアイメイクも消えてなくなるのです。この頃までは、実際に当時、メイクといえば、ブルーのシャドウに赤いリップが主流でした。

‘70年代に向かっては、ネオボヘミアンと呼ばれるカジュアルなバービーが登場し、’77年以降のフルモデルチェンジでは、艶やかなロングのブロンドヘアへと変わっていきます。
そして、バービーといえば、ピンク。

「バービーピンク」と呼ばれ、今では「バービー=ピンク」が当たり前のようになっているいますが、このローズピンクもこの頃から使われるようになったものです。


img ストレートロング・ブロンドヘアとバービーピンク

‘84年からのファッションブランドとのコラボでは、ブランドイメージに合わせてヘアスタイル、メイクのコーディネートだけでなく、顔立ちまでを変えたバービーが登場します。

こうなると、完全に着せ替え人形の域を超えています。芸術です。会場には、ため息が漏れています。
美しい…    まさに女の子の永遠のあこがれといわれる姿がそこにあります。

そしてバービーは2000年、ファッションモデルコレクションへと。
ここでもその完成された姿に見とれるばかりですが、ひとつ気付いたことが… ホクロがある!

バービーの口元や頬につけぼくろがあるのです。そう、マリリンモンローみたいな…
目元の長いまつげはなくなり、’60年代のバービーのようなストーニーアイになっています。

これだけでとてもセクシー。
でもセクシーは一般的日本人にはちょっと難しい? サロンでもその要望はほとんど聞いたことがありません。
そうか、だからこそ「女の子の永遠のあこがれ」ってことなんでしょうか。


img つけボクロとストーニーアイがセクシーなバービー

「キャリア・夢バービー」
また、これまでバービーは、さまざまな職業を持つ女性として、その時代を反映した肩書きを持って登場してもいます。
今年2014年、150番めとなるバービーの肩書きは、「起業家」です。

img